So-net無料ブログ作成

小さい(4インチ)新型iPhoneを安く買う方法|2016年 [お役立ち]

本日、予測の段階ではありますが2016年の前半にiPhoneの4インチモデルが
発売されるのではないかという報道があった。

ここで報道があるということは、ほとんど確定しており
製造工場の受注状況や、様々な情報筋から出ていることなのでほぼ確実と見ている。

4インチというと、どう変わるかというと

【現在】

iPhone6s Plus 5.5インチ
iPhone6s   4.7インチ
iPhone5    4インチ

つまり、iPhone5のサイズに戻るということになる。
これは恐らくユーザー側からの声が反映されているのではないかと考える。

私もiPhone6を持っているが、ケースを付けるとポケットに入れると大きすぎる。
iPhone5も利用していたが、最も利用には最適だった。

しかし、iPhoneの安価モデルとしての販売と予想されるので
最新の技術が詰め込まれたメジャーアップデートとはだいぶ違う感触を受ける。

Mac製品の特徴なのだが、1年置きにマイナーアップデート。メジャーアップデートを繰り返している。

例えば、

2012年9月12日→iPhone5が発売(メジャーアップデート)

2013年9月10日→iPhone5s/cが発売(マイナーアップデート)

マイナーアップデートは、
メジャーアップデートされた製品をより使いやすくする為のものなので大幅な変更が加えられることは無い。

しかし、今回の発表ではその発売サイクルから大きくハズレていることから
どちらでもない、新しいラインナップとして出すという意味合いが強いのではないかと予想する。

ここで、iPhoneの4インチモデルを安く買うための方法を少し紹介したいと思う。

iPhoneを発売している携帯キャリアはおおよそ3社。

・NTT Docomo
・KDDI au
・SoftBank

MNPという制度を使えば、電話番号が変わらずに携帯を変更することができる。
さらにキャッシュバックで、2万~3万程度もらえる場合も少なく無い。

しかし、2年間の携帯利用の縛りや機種代の分割支払いなど様々な制約が付いてきてしまう。
更に、月額の携帯料金は割高で8000円前後取られてしまうことも少なくない。

解約可能な月に解約ができない場合、MNPの場合は1万前後の解約手数料がかかってしまうこともあり
MNPでの買い替えも難しく最終的に2年間使ってみたら10万近くの費用を携帯会社に支払っているというのが現在の状態です。

そこでオススメしたいのが、SIMフリー版iPhone+格安SIMでの利用です。
iPhone本体はAppleストアから金利手数料無料で、24ヶ月の分割払いで買い。

SIMカードは別途、格安SIM業者と提携するという方法です。

これにより本体の値段により少し変わってくるが

iPhone本体:月3300円
格安SIM:月500円~3500円程度(契約プランにより変わります)

と、現在の携帯キャリアより格安で利用できるのが魅力です。

問題点はいくつかありますが

・電話番号が変わってしまう
・会社によって、回線が安定しない場合などがある
・料金プランが多すぎて、用途別に自分に合ったものを見つけるのが難しい

以上です。
しかし、使い方次第では年間4万程度の節約ができた!という人も居るので是非試してみるのも良いのではないでしょうか。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。