So-net無料ブログ作成

WHOが発表!加工肉が発がん性の理由!? [新着ニュース]

先日、WHOが発表した加工肉が発がん性の理由であるという大ニュース。
スーパーでは加工肉が売れなくなり、大幅値下げをせざるをえないという状況も見られる。
丸大食品では発表後に2割も売上が落ちたという。

一部ではには、量を減らば十分でたまに食べる分には問題ないとの意見も。

具体的には加工肉とはどのような物を指すかというと

・ベーコン
・ソーセージ
・ホットドッグ
・サラミ
・コーンビーフ
・ハム

などが挙げられるそう。

近所のお肉屋さんに、その話をしたところ肉の加工に使われる添加物(化学物質)に問題があるのであって、決してふつうのバラ肉や切っただけのお肉には問題が無いとの事。
実際に調べてみましたが、その通りだそうです。

そもそもWHO(世界保健機関)とはどのような物なのでしょうか。

人間の健康を基本的人権の1つと捉え、その達成を目的とした国際連合の専門機関。
引用:Wikipedia

本部はスイスのジュネーヴにあります。

今までにも様々な発表をしてきた機関です。

・野外大気汚染に発がん性を引き起こす証拠がある
・ディーゼルエンジンの排気が肺がんを引き起こす
・運動不足はがんになりやすくなる
・日焼けサロンの機械で皮膚がんになる確率が上がる

など、これじゃほとんどの物が『がん』になるのでは・・
と思ってしまうほどです。







nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。